神経毒ニコチン - 喫煙が睡眠を妨げる理由

喫煙者はよく眠れませんが、なぜでしょうか?たばこの煙とそれに含まれるニコチンは健康に有害であり、睡眠に悪影響を及ぼします。ここでは、ニコチンが体に与える影響と、喫煙が健康的な日常生活を妨げるだけでなく、安らかな睡眠を妨げる理由を知ることができます.

目次

  1. 喫煙による健康リスク
  2. 神経毒ニコチン
  3. ニコチンはどのように作用しますか?
  4. ニコチンと喫煙が睡眠に与える影響
  5. 概要: 睡眠に対するニコチンの効果
  6. 禁煙でぐっすり眠れます

喫煙による健康リスク

ドイツ人のほぼ 4 分の 1 が定期的にたばこを吸っていますが、喫煙は私たち人間にとって回避可能な最大の健康リスクの 1 つであり、体と精神の両方に深刻な長期的ダメージを与えると考えられています。特に主な有効成分であるニコチンは、さまざまな有害な方法で生物に影響を与え、強い依存につながるだけでなく、安らかな睡眠を妨げ、睡眠障害の発症を促進します.

神経毒ニコチン

smartsleep Schlafmagazin: Struktur des Nervengifts Nikotin

ニコチンは天然に存在する化合物であり、アルコールや カフェイン と同様、いわゆる神経毒の 1 つです。特にタバコの葉に自然に含まれているため、すべてのタバコ製品と紙巻たばこの主な有効成分の 1 つです。標準的なタバコには最大 13 mg のニコチンが含まれており、そのうち 1 ~ 2 mg が喫煙によって体内に直接吸収されます。人体や神経系のさまざまな領域に対する刺激効果により、ニコチンはさまざまな方法で健康を損ない、睡眠を著しく妨げる可能性があります。

ニコチンの働きは?

吸入後、ニコチンは数秒以内に脳に到達し、そこでいわゆる報酬システムを活性化します。これにより、「幸福ホルモン」ドーパミンの産生が増加します。これは、活性成分の危険な中毒性の可能性に大きく関与しているリラクゼーションと幸福感を引き起こします.ニコチンはすぐに作用しますが、すぐに分解されるため、効果を維持するために再度追加する必要があります。

smartsleep Schlafmagazin: Die Wirkung und Wirkdauer von Nikotin

ニコチンは理由もなく「神経毒」と呼ばれていません!ニコチンは主に体内でストレスを引き起こし、ストレスホルモンであるノルエピネフリン、アドレナリン、またはバソプレシンの放出を刺激します。これにより、私たちの体は警戒状態になり、心拍数と血圧が上昇し、血管が収縮し、神経系が活性化されます.ニコチンを繰り返し摂取すると、私たちの体は何度もストレス状態に陥ります。これは、長期的には神経機能と心血管系が損なわれることを意味します。ニコチンは脂肪の代謝や血糖値の調節にも影響を与え、胃腸系に損傷を与え、発がん性物質の活性化を促進するため、それだけではありません.

ニコチンと喫煙が睡眠に与える影響

喫煙者は眠りにつくのが難しく、睡眠時間が短くなり、落ち着きがなくなります。これは科学的研究や調査によって証明されています。研究によると、定期的にタバコを吸うと眠りにつくのが難しくなり、睡眠の質と翌朝の安らぎ感が低下し、全体的に 睡眠が大幅に短くなります.喫煙者の脳活動の検査では、喫煙者は非喫煙者に比べて、深い睡眠状態にある時間が比較的短く、浅い睡眠状態にある時間が長いことが示されました。

その理由は、喫煙時に体に吸収されるさまざまな有効成分の相互作用にあります。特に主な有効成分であるニコチンは、神経を刺激し、新陳代謝、ホルモン産生、心血管系などの重要な身体機能を損なう.このようにして、自然な睡眠リズムが乱され、私たちの体はしっかり休んで眠りにつくこと。さらに、短い深い睡眠は、体と脳が夜間に十分に再生できないことを保証します.最後に、肺機能と気道も有害な煙の影響を受け、睡眠中の自由な呼吸が妨げられます。統計的に、喫煙者はより頻繁にいびきをかくし、睡眠にも悪影響を及ぼします.

smartsleep Schlafmagazin: Schlecht schlafen und wach liegen durch Nikotin und Rauchen

概要: 睡眠に対するニコチンの影響

  • 寝つきが悪い: ニコチンは神経系を活性化し、体にストレスを与えます。これにより、夕方のリラックスが妨げられ、影響を受けた人はより長く目覚めたままになります.
  • 睡眠時間の短縮/睡眠不足: ニコチンは自然な睡眠-覚醒サイクルを乱し、毎晩の睡眠時間を短縮します
  • 睡眠不足 / 睡眠の質の低下: 神経毒は、特に夜の初めに、睡眠フェーズ間の交替に悪影響を及ぼし、全体的な深い睡眠の割合を減らし、睡眠の質を低下させるようです。眠りが浅くなります。

より良い睡眠のために禁煙

喫煙は私たちの健康に影響を与えるだけでなく、睡眠を著しく損なうことで健康を害します。睡眠障害と不眠症により、 疲労、パフォーマンスの低下、 日のストレスに悩まされます。これはまた、健康に有害であり、睡眠をさらに困難にし、ニコチンのリラックス効果への渇望を高めます.絶対に避けるべき悪循環。ぐっすり眠るだけでなく、長く健康的な生活を送るためには、あらゆる形態の喫煙を控えるか、少なくともニコチンの消費を最小限に抑えるように努める必要があります。

結論

  • 喫煙は最大の健康リスクの 1 つであり、生活の質を低下させるだけでなく、健康に有害な睡眠障害や不眠症を助長します。
  • ニコチンは神経毒であり、たばこ製品の主な有効成分として、神経機能と心臓血管系に特に有害な影響を与え、中毒の可能性が高い.
  • ニコチンは入眠障害を引き起こし、睡眠時間を短縮し、安眠を妨げます.

ご挨拶、またお会いしましょう!

.

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます