子供の健康的な睡眠のためのヒント

良い睡眠は、子供の健全な発育にとって重要な前提条件です。ここでは、子供時代に必要な睡眠の量と、子供のリラックスと睡眠を最適にサポートするために何に注意を払うことができるかを知ることができます.

目次

      1. 睡眠 子供時代
      2. 子供の最適な睡眠時間
      3. 子供の健康的な睡眠のためのヒント
      4. 結論

        子供の頃の睡眠

        睡眠は私たちの心身の健康において中心的な役割を果たし、私たちのパフォーマンスの基礎を形成し、最も重要な再生と修復の期間です。したがって、人間の発達と成長の重要な段階にある人生の始まりと子供時代には、特に良い睡眠が非常に重要です.睡眠の必要性は個人差があり、年齢によっても変化します。 どのくらいの睡眠 さまざまな年齢の子供が本当に必要とする睡眠の量、子供の睡眠の必要性と大人の睡眠の必要性を区別するもの、子供の睡眠を効果的にサポートする方法を明らかにします.

        子供の最適な睡眠時間

        発達と成長は、特に夜間に行われる再生と修復のプロセスを通じて行われるため、赤ちゃんと幼児はティーンエイジャーや若い成人よりもはるかに多くの睡眠を必要とします.私たちが眠っている間、成長ホルモンが放出され、免疫システムが形成され、印象や情報が処理され、保存されます.このため、新生児は 1 日最大 17 時間眠り、この時間の大部分を「夢の睡眠」であるレム睡眠に費やします。生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜のリズムをまだ知らないので、これらの時間は通常、昼と夜の 5 から 6 の睡眠段階に分けられます。

        smartsleep Schlafmagazin Entwicklung des Tagschlafes bei Kindern

        生後数か月から数年の間に、子供たちは自然な昼夜サイクルにゆっくりと順応し、睡眠は昼から夜へと徐々に移行し、総睡眠量はゆっくりと減少します。 2 歳までの小さな子供はせいぜい 11 時間から 14 時間の睡眠で、2 歳から 5 歳までの子供には 13 時間までの夜の休息が通常推奨されます。その後数年間、必要な平均睡眠時間は減少し続け、日中の睡眠のない一定のリズムが始まります. 13 歳までの子供の場合、9 時間から 11 時間の睡眠が最適と考えられています。

        年齢

        推奨睡眠時間

        0 – 3 ヶ月

        14~17時間

        4 - 11 ヶ月

        12~15時間

        1 – 2

        11~14時間

        3 – 5

        10~13時間

        6 – 13

        9~11時間

        14 – 17

        8~10時間

        子供の健康的な睡眠のためのヒント

        子供たちはおそらく夜は寝たくないでしょう。子どもたちの健康的な睡眠行動をサポートし、子どもたちが規則正しく、十分で安らかな睡眠をとれるようにすることは、なおさら重要です。

        #1 定期的な睡眠時間と毎日の構造

        整然とした毎日の構造と定期的な睡眠時間は、子供たちが自然な昼夜のサイクルに適応し、しっかりとした睡眠リズムを発達させるのに役立ちます.そうすれば、体は夕方の休息段階により簡単に準備することができます.眠りに落ちやすくなりますが、一晩中眠ることにもプラスの影響があります。

        特に子供の場合、寝るべきなのに疲れていないことがよくあります。 自然なバイオリズムによって制御されており、実際には遺伝子に組み込まれているため、若い年齢であっても、個々の睡眠の必要性は大きく異なります.子供は、自分の睡眠時間に多かれ少なかれ睡眠が必要な場合があります。それから寝ることは強制されるべきではありません。代わりに、静かでリラックスできる活動を通じて子供の自然な疲れを促進したり、就寝時の物語などの小さな儀式を通じてゆっくりと睡眠の気分にさせることができます。

        #2 その日の運動と仕事量が多い

        日中の十分な活動は、安らかな睡眠の良い前提条件です。新鮮な空気の中で多くの活動、遊び、運動をすることで、日中は子供のエネルギーを賢明に使用し、夕方には快適な疲労状態を確保することができます。もちろん、子供たちは肉体的にだけでなく精神的にも挑戦されるべきであり、同時に多くの新しい刺激を処理するのに十分な時間が必要です.その後、夕方になると疲れと自然な睡眠圧が高まり、リラックスして眠りにつくことができます。

        #3 静かな睡眠と夜の儀式

        smartsleep Schlafmagazin: Kinder-Schlaf Vater liest Tochter am Abend eine Gute Nacht Geschichte vor

        子どもたちは、一日の終わりを受け入れ、刺激的な遊びや活動の機会を終わらせることが難しいと感じることがよくあります。決まった夕方または就寝時の儀式は、落ち着いて次の睡眠期間に向けて子供を準備する時が来たことを示しています。就寝前と就寝中に一緒にいる時間も、安心と安全を伝え、恐怖と興奮を解消するのに役立ちます。夜に定期的に本を読んだり、歌ったり、物語を語ったりすることは、親子の絆を強めるだけでなく、就寝前の穏やかな気分を保証します。

        #4 快適な睡眠環境

        落ち着いて慣れ親しんだ睡眠環境では、子どもたちは本当に落ち着くことができます。慣れ親しんだ環境、自分の枕とお気に入りの抱きしめたくなるおもちゃ、または心地よいブランケットは、安心感を伝え、夕方の興奮、緊張、または恐怖を打ち消すことができます.室温も快適で、騒音や明るい光を避ける必要があります。明るく薄暗い常夜灯や特定の香りも、子供に優しい居心地の良い睡眠環境に貢献し、リラックスした睡眠の気分にさせます。

        #5 正しい寝台車

        smartsleep Schlafmagazin Kleiner Junge schläft ruhig auf einem weichen Kopfkissen

        快適なマットレス、適切な、快適な羽毛布団は、ぐっすりとお休みいただける快適な睡眠環境に大きく貢献します。特に進行中の発達段階または子供の急成長の場合、子供の頃の背骨の位置異常を防ぎ、痛みや緊張を防ぐために、睡眠中の健康的な姿勢を確保することも重要です 緊張

        しかし、現在の人間工学に基づいた枕のモデルは通常、硬すぎて高く、快適な睡眠姿勢をとることはできません。これは、子供の体質が大人の体質とは大きく異なるためです.特別な子供用マットレスと子供用枕, on一方、比較的狭いショルダー幅と低い面圧に適応し、より低い高さとサイズを持っています。したがって、賢明に選択された睡眠の配置は、頭と背骨の健康的な姿勢をサポートし、子供たちが快適で安らかに眠れるようにするのに役立ちます。

        健康的な発達のためのさわやかな睡眠

        通常、特に子供の場合、睡眠は後回しになります。日中はワクワクするような発見がたくさんあるため、夕方や夜になるのが早すぎることがよくあるからです。子どもたちは、日中に多くの新しい刺激や印象を吸収します。それらは、まず脳内で分類、処理、保存される必要があります。これは特に睡眠中に起こります。したがって、子供たちが最適に発達し、毎日新しいエネルギーで世界を発見できるように、子供たちがよく眠れるようにサポートすることがますます重要になります。

        結論

        • 子供は重要な発達段階にあり、年齢にもよりますが、最大 17 時間 (赤ちゃん)、最大 13 時間 (小さな子供)、または最大 11 時間 (年長の子供とティーンエイジャー) の睡眠が必要です。
        • 定期的な就寝時間と睡眠ルーチンは、子供たちに安心感を与え、夜の安らかな眠りに備えます。
        • たくさんの運動と十分なワークロードのあるアクティブな日常生活は、夜の快適な疲労を保証し、自然な疲労と睡眠圧力をサポートします.
        • 快適で居心地の良い睡眠環境は、安全性、リラクゼーション、幸福感を促進し、ぐっすり眠ることができます。
        • 特別な子供用枕とマットレスは、健康的な睡眠姿勢を確保し、首と背骨の不正確な姿勢と緊張を防ぎます.

        こんにちは。また会いましょう!

        コメントを残す

        すべてのコメントは公開前に確認されます