暑さの中で眠る – 専門家による 6 つのヒント

夏、太陽、不眠!日中の暑さとともに、夜も気温が上昇し、安らかな睡眠を妨げます。ドイツでは、3 人に 1 人が夏の高温でよく眠れません。夏の睡眠をサポートし、暑い夜でもぐっすり眠れるようにするためのヒントをここで見つけてください。

目次

      1. 夏の寝不足
      2. 熱が睡眠を妨げるのはなぜですか?
      3. 暑さの中で眠るための 6 つのヒント
      4. 結論

      夏の寝不足

      ふぅ、かなり暑い!特に夜になると、待望の夏は再びマイナス面を見せます。高温では、多くの人にとって安らかな睡眠が課題になるからです。夜に大量の汗をかき、何度も目が覚めたり、まったく眠れないという事実は、睡眠の長さと質に影響を与え、日中のパフォーマンスと健康を構成する重要な再生プロセスを妨げます.ただし、いくつかの簡単なトリックを使用すると、睡眠状態をすばやく改善し、熱に関連する睡眠障害から体を保護し、熱にもかかわらず再び安らかに眠ることができます.

      熱が睡眠を妨げるのはなぜですか?

      私たちの体は、休んでいる夕方に体温を調節します. 体内時計は、睡眠前に体温をゆっくりと下げることを保証し、睡眠ホルモンのメラトニンの産生を使用して、睡眠の準備をします. .その後、体温は夜間に下がり続け、午前 2 時から 3 時の間に最低点に達し、朝にゆっくりと再び上昇します。

      smartsleep Schlafmagazin: Körpertemperatur im Tagesverlauf

      安らかな睡眠のために一般的に推奨される周囲温度は、摂氏 16 度から 18 度の間です。日中の外気温が 30 度を超える夏、特に小さな寝室や屋根裏部屋では、エアコンなしで快適な睡眠環境を維持することは困難です。その結果、体は体温を下げることができず、汗をかき、休むことが難しくなります。

      暑さの中で眠るための6つのヒント

      #1 DAY: 寝室を暑さから守る

      寝室が暑くなるのは、暑い空気だけでなく、日中は窓から差し込む日差しが原因で部屋が熱くなり、夜は部屋が冷えにくくなります。そのため、寝室の窓とドアを終日閉め、ローラー シャッターや厚いカーテンで部屋を暗くするようにしてください。

      #2 DAY: 換気を十分に行う

      熱くて息苦しい空気は循環と睡眠にダメージを与えます。外は真夜中から午前 7 時までが最も涼しい。したがって、夜と朝の時間を大規模な換気に使用し、日中の温度が再び上昇したときに窓を閉めます.

      #3 夕方: 十分な水分摂取を確保する

      Schlafen bei Hitze: Wasser trinken und ausreichend Flüssigkeit einnehmen

      特に非常に暑いときは、次のことが当てはまります: たくさん飲みましょう!私たちの体に水分が不足すると、熱のバランスと交換が妨げられ、重要な代謝プロセスが遅くなります。夏に大量の汗をかくと、夜間の水分損失も増加します。そのため、日中と就寝前に十分な水分を摂取するようにしてください。

      ヒント: ただし、夜は糖分の多い飲み物、カフェイン入りの飲み物、アルコール飲料は睡眠を妨げるため避けてください。冷たい飲み物も体内の熱生成をサポートするため、より多くの汗をかきます.就寝前のナイトキャップとしては、ぬるいお茶が特に適しています。

      #4 夕方: ぬるめのシャワーを浴びる

      夕方にぬるま湯のシャワーを浴びると体温が下がり、暑くても体が「睡眠環境」に入り、眠りにつくことができます。冷たいシャワーの方がさわやかですが、それを避けてください。冷水は神経系を活性化するだけでなく、血管を収縮させ、体が蓄えた熱を放出するのを防ぎます。

      夜の #5: 適切な寝具の選択

      Schlafen bei Hitze: Leichte, dünne oder kühlende Bettwäsche aus Seide oder Satin

      夏は特に軽くて通気性の良いベッドリネンとパジャマを選びましょう。暑い季節には、薄い クーリング ブランケットが風を防ぎ、汗を吸収するのに適しています。綿やシルクなどの軽量生地や特殊な下着は、皮膚から熱を逃がし、汗を吸収することで体温を調節するのに役立ちます.ところで、完全に衣服なしで過ごすべきではありません。なぜなら、皮膚に汗をかくと発生する隙間風と相まって緊張が高まり、夜間の体温低下により風邪をひく可能性もあるからです。

      #6 夜: 良い睡眠衛生を維持する

      安らかに眠り、良い睡眠衛生に注意を払う人は、暑さに関連する睡眠障害を予防し、睡眠に悪影響を与える他の要因を回避します.定期的な睡眠と覚醒のサイクルと、ぐっ​​すり眠るためのその他の基本的なルールにより、安らかな夜のために最適な準備をすることができます。また、追加のヒントを使用すると、夏の穏やかな夜を確保することもできます。 こんにちは睡眠のヒント.

      結論

      • 熱は体温の自然な低下を防ぎ、自然な睡眠メカニズムを乱すため、睡眠に悪影響を及ぼします。

      • ブラインドや窓を閉めるなどして、寝室を日中の熱気や直射日光から守りましょう。

      • 外気温が最も低い夜と朝の時間帯の空気。

      • 日中と就寝前に、できればぬるいお茶と一緒に十分な水分を摂取してください (冷たい飲み物は避けてください!)。
      • 就寝前のぬるま湯のシャワーは体を冷やし、睡眠の準備を整えます。
      • 通気性のある軽量の寝具とパジャマを使用して、体から汗と熱を発散させながら、隙間風から身を守りましょう。
      • 暑さ以外の要因によって睡眠が悪影響を受けないように、睡眠の衛生状態をよく観察してください。

      こんにちは、また会いましょう!

      1コメント

      Der Körper reagiert auf die Signale der Umwelt!
      Signal kalt: Ich muss mich wärmen.
      Signal heiß: Ich muss mich abkühlen.
      Wenn wir bei Hitze kalt duschen, welches Signal erhält der Körper: Es ist kalt! ich muss mich wärmen; also setzt er auf die Hitze noch Einen drauf und produziert selbst Wärme noch mehr Wärme !!!!!!!
      Wenn wir dagegen heiß duschen, erhält er das Signal: Heiß!!! Er weiß dann, dass er kühlen muss!!! Und wir haben dann, was wir wollen.
      Ich setz dann immer noch Was drauf, indem ich einen heißen Tee trinke!
      Wo hab´ ich´s gelernt: Bei den Indios am Rio Napo in Peru.

      Heinz %d。 %に

      コメントを残す

      すべてのコメントは公開前に確認されます