寝ている間の減量

睡眠中の減量 - 本当に可能ですか?睡眠中にスリムなダイエットは、一晩で簡単に減量できることを約束し、睡眠中に代謝を高めて脂肪を燃焼させるように設計されています.しかし、寝ている間に具体的に体重を減らしてスリムになることはできますか?ここでは、私たちの睡眠が体重にどのような影響を与えているか、そして十分な睡眠が体重を減らすのに役立つかどうかを知ることができます.

目次

      1. 寝ながらスリム
      2. 睡眠が減量に与える影響
        1. 自然な代謝と脂肪燃焼
        2. エネルギーと脂肪代謝の制御
        3. 筋肉増強と脂肪燃焼の促進
        4. 空腹感と満腹感の調節
      3. よく眠れてスリムで健康的
        1. 結論

        寝ながらスリム

        ドイツでは、男女の 3 分の 2 以上が太りすぎだと考えられています。今日、特にますます不健康で不活発なライフスタイルは、私たちの体重が体と心の健康な機能のためにも重要であるにもかかわらず、常に正常な体重を維持できるとは限らないことを意味します.低炭水化物ダイエット、パレオダイエット、特に睡眠中のスリムダイエットなどの数多くの減量方法は、余分なキロとの戦いで迅速な成功を約束します.このようにして、多大な努力や厳格な放棄をせずに、眠っている間に一人でいるかのように、体重を減らし、厄介な体重を減らすことができるはずです.しかし、十分で安らかな睡眠は実際に体重にどのような影響を与えるのでしょうか?

        睡眠が減量に与える影響

        自然な代謝と脂肪燃焼

        過剰なエネルギーは基本的に、後で使用して「燃焼」するために、脂肪細胞と筋肉細胞にエネルギーの蓄えとして私たちの体に蓄えられます。私たちの有機体は常にエネルギーを必要とするため、脂肪の代謝とそれに伴う体自身の脂肪貯蔵への依存は、絶え間なく実行される継続的なプロセスです. 睡眠中 細胞内では多くの構築、修復、再生プロセスが行われ、新陳代謝とホルモン生成が全速力で行われ、私たちの脳はその日の経験と情報を処理します。体は睡眠中にも多くのエネルギーを必要とします。そのため、脂肪の代謝が活発になり、貯蔵された脂肪が空になり続け、体重が減ります.

        研究によると、睡眠中にどれだけのエネルギーが必要かは、筋肉量の分解や過剰な脂肪蓄えから得られるかを決定するのに、睡眠時間が重要です。十分に長い睡眠では、失われた体重の 50% 以上が脂肪で構成されていることが示されましたが、1 晩あたりの睡眠時間が 3 時間少ないと比較すると、筋肉量が大幅に増加し、最大 25% の脂肪しか分解できませんでした.

        ここで毎晩必要な睡眠時間を知ることができます.

        エネルギーと脂肪代謝の制御

        ストレス ホルモンとして知られるコルチゾールは、睡眠と覚醒のサイクルに大きく関与しています。 睡眠ホルモンであるメラトニン が夕方に私たちを疲れさせますが、睡眠の終わりにコルチゾールの放出が増加すると、朝に再び目覚めることが保証されます.他のメッセンジャー物質とともに、コルチゾールは私たちのエネルギーレベルに関与し、とりわけ、糖、タンパク質、脂肪の分解を引き起こすことにより、体内のエネルギー供給を調節します.したがって、健康的な睡眠はバランスの取れたコルチゾールレベルを促進し、脂肪の減少を促進します。これは減量にとって重要であり、睡眠行動にプラスの効果をもたらす可能性があります.

        Hormone im Schlaf: Cortisol und Wachstumshormone (HGH) im Schlaf

        筋肉増強と脂肪燃焼の促進

        夜間、特に深い睡眠段階では、重要な成長ホルモン (Human Growth Hormone) が放出されます。新しい細胞と筋肉構造の発達と、脂肪燃焼の促進も促進します。したがって、健康で深い睡眠は、筋肉と細胞の成長に有益な効果をもたらすと同時に、過剰な脂肪蓄積の分解をサポートします.

        空腹感と満腹感の調節

        空腹感と満腹感は、主にレプチンとグレリンという 2 つのホルモンによって制御されています。私たちは起きているときに食欲を刺激するグレリンをより多く生成しますが、脂肪細胞で直接生成されるレプチンは、睡眠中に顕著な空腹感がなく、食欲を感じないようにします.研究によると、睡眠不足はグレリン-レプチンサイクルを損ない、日中の空腹感を促進する.したがって、十分で安らかな睡眠をとれば、体自身の空腹感と満腹感の健康的な機能に貢献し、たとえば、バランスの取れた食事と目標とする減量の妨げとなる厄介な欲求を防ぐことができます.

        ぐっすり眠ってスリム&ヘルシー!

        Schlank im Schlaf: Die Schlafdauer ist entscheidend für einen Gewichtsverlust

        最後に、十分で安らかな睡眠は、健康的に減量するための重要な前提条件の 1 つであることが明らかになりました。自然な脂肪燃焼と、睡眠中に行われるホルモンおよび代謝プロセスが減量プロセスで実際にどの程度効果的であるかは、他の多くの要因に依存します.日中と 就寝前の栄養 は決定的な役割を果たします。たとえば、私たちの体は消化と脂肪の燃焼を同時に行うことができないためです。しかし、持続的に体重を減らし、健康的な体重を維持するには、十分な睡眠だけでは十分ではありません。 「寝ている間に痩せる」というのは神話ではなく、健康的なライフスタイルを構成する多くの構成要素の 1 つです。これは、最終的には、正常な体重と健康的な日常生活を達成し、維持するための基本的な要件です。

        結論

        • 体に再生のためのエネルギーを提供するために、睡眠中にも脂肪燃焼と脂肪代謝が行われます
        • 睡眠の長さは、一晩でより多くの脂肪または筋肉量を分解するかどうかを決定します
        • 睡眠はバランスの取れたコルチゾールレベルにとって重要であり、睡眠パターンにプラスの効果をもたらし、体脂肪の分解を促進します
        • 睡眠中に放出される成長ホルモンは、脂肪燃焼と細胞および筋肉構造の発達を促進します
        • ホルモンのレプチンは睡眠中に生成され、過剰な食欲や空腹感に対する食欲抑制剤として作用します
        • 十分で安らかな睡眠による減量は可能ですが、最終的には他の要因に依存し、健康的な減量と健康的な体重のための多くの要因の 1 つにすぎません

        こんにちは、また会いましょう!

        .

        コメントを残す

        すべてのコメントは公開前に確認されます