ナルコレプシー - 眠気の神話

睡眠中毒 - 可能ですか?ナルコレプシーは神経疾患の 1 つであり、日中の極度の眠気、突然の睡眠発作、または不要な筋肉の弛緩を引き起こします。ここでは、「睡眠病」の背後にある正確な原因と、突然疲れて制御不能に眠りにつくことがどのように起こるかを調べてください。

目次

  1. ナルコレプシーとは?
  2. ナルコレプシーの典型的な症状
    1. 顕著な日中の眠気
    2. 突然の居眠り・睡眠発作
    3. カタプレクティック発作/制御不能な筋弛緩
    4. 睡眠障害
    5. その他の症状
  3. 眠り病の原因と誘因
  4. 影響を受ける人々ができること
  5. 睡眠中毒?

疲れて、思ったよりも早く眠りにつくときの気持ちは誰もが知っています。ナルコレプシーに苦しむ人は、時々疲れるだけでなく、実際には常に疲れています.ドイツでは約 40,000 人が「睡眠病」または「睡眠中毒」としても知られるナルコレプシーに苦しんでおり、毎日深刻な疲労、睡眠発作、筋肉反射に悩まされています。睡眠病は日常生活を困難にし、生活の質を著しく損なうだけでなく、危険な事故につながる可能性があることを忘れがちです。しかし、ナルコレプシーの神話の背後には正確には何があり、異常な睡眠中毒はどのようにして生じるのでしょうか?

ナルコレプシーとは?

ナルコレプシーは、睡眠と覚醒を制御する脳領域の神経障害です。それは私たちの睡眠と覚醒の行動を軌道から外し、とりわけ日中の極度の眠気や制御不能な睡眠発作などに現れます。これらの昼間の昼寝は、通常、約 5 分から 30 分しか持続しませんが、短期間の筋不全、睡眠麻痺、および 夜の睡眠障害 も、ナルコレプシーの典型的な症状の 1 つです。

「睡眠狂い」は生命を脅かすものではありませんが、日常生活や患者の生活の質に深刻な影響を及ぼし、現在の科学の状態によれば、治癒することはできません。症状は幼児期にすでに現れている可能性があり、また何年にもわたって変化します.したがって、私たちのほとんどは睡眠不足になりがちですが、ナルコレプシーの患者は、毎日のように眠りたいという衝動に抵抗するのに苦労しています.

ナルコレプシーの典型的な症状

Tagesmüdigkeit: Junge Frau gähnt müde während der Arbeit

顕著な日中の眠気

睡眠病の最も一般的な症状は、過度で日中の眠気をコントロールするのが難しいことですが、これは睡眠不足や夜の睡眠不足によるものではありません.ナルコレプシーの人は朝起きて休んでも、通常はほんの数時間後にまた疲れてしまい、目覚めてすぐに再び眠りにつくことができるからです。

突然の居眠り・睡眠発作

極度の疲労により、影響を受けた人は睡眠のプレッシャーに耐えられなくなり、何度も何度も、または突然眠りに落ちます。これらの睡眠発作は、特に読書、テレビの視聴、または車の乗客としての単調な状況で発生しますが、食事、執筆、会話などの実際の活動的でより複雑な活動中にも発生する可能性があります.これは事故の危険性が高く、影響を受ける人や他の道路利用者に危険をもたらします。したがって、睡眠病に苦しむ人は誰でも、無害と思われる日常活動の制限を考慮し、日常生活での危険を回避する必要があります

カタプレクティック発作/突然の筋肉弛緩

脱力発作とは、怒り、恐怖、喜び、笑いなどの強い感情によって引き起こされる、体の筋肉の制御不能な弛緩です。強度に応じて、影響を受けた人は、顔や脚の筋肉など、体の一部の 1 つまたは複数の筋肉を制御できなくなります。この突然の筋肉障害は、通常数秒しか続かず、それ自体は危険ではありませんが、転倒や軽度の事故につながる可能性があります.

睡眠障害

脳内の睡眠覚醒調節を乱すと、夜間の睡眠にも影響し、一般的に眠りが浅くなり、頻繁に目が覚めます。ナルコレプシーの人はしばしばすぐに眠りに落ちますが、目覚めの刺激に対してより敏感に反応し、熟睡するのが困難です.これは、夜の睡眠は一般的に落ち着きがなく、日中のすでに深刻な疲労が増加することを意味します.

その他の症状

ナルコレプシーのその他の症状には、睡眠麻痺、睡眠関連の幻覚、自動行動などがあります。

ナルコレプシーの原因と誘因

ほんの数年前、研究者たちは謎の睡眠病の原因を突き止めることができました。神経学的な機能障害として、その起源は基本的に、脳機能の心理的な障害ではなく、器質的なものにあります。視床下部は脳の重要なコントロール センターであり、特に神経系の調整と制御に関連しています。とりわけ、メッセンジャー物質であるヒポクレチン(「オレキシン」とも呼ばれる)がここで生成され、 メラトニン などの他のよく知られているホルモンとともに、睡眠の維持と調節に重要な役割を果たします-ウェイク動作。

Hirnaktivität bei Narkolepsie im Schlaf: Der Hypothalamus

現在の知識によると、ヒポクレチンを産生する細胞は正確にナルコレプシー患者で障害または破壊されています。ホルモンがなければ、私たちの睡眠状態と覚醒状態の調整調整はできず、睡眠-覚醒リズムと睡眠段階の制御とレム睡眠またはノンレム睡眠が混乱します。ヒポクレチンが報酬、感情、および摂食行動にも影響を与えるという事実は、感情主導の情動脱力発作の理由の 1 つになる可能性があります。

被災者ができること

ナルコレプシーは基本的に治りませんが、命にかかわることもありません。薬物療法は可能ですが、最終的に影響を受けた人は、毎日の疲れや睡眠発作に耐えることを学ばなければなりません.ストレス、感情を揺さぶる瞬間、不規則な生活リズムは避けるべきです。日常生活でいくつかの行動規則を遵守することで、筋肉の弛緩や突然の睡眠発作の発生を回避できることが証明されています.これには、たとえば、日中の定期的な休息または睡眠休憩による規則正しい生活リズム、または カフェイン、アルコール、ニコチンなどの刺激物質の放棄が含まれます。一方で、睡眠そのものを促進するために。日中は短い睡眠休憩が何度もあるにもかかわらず、ナルコレプシーの人が長期的に健康で生産的であるためには、十分に長く安らかに眠ることが不可欠だからです.

睡眠中毒?

睡眠の必要性が増したり、日中の眠気が持続したりする背景には、さまざまな理由が考えられます。睡眠障害、睡眠不足、運動不足、偏った食生活はあまり害がありませんが、「睡眠病」ナルコレプシーは真剣に取り組まなければならない病気であり、睡眠の質が私たちの健康や日常生活にとって実際にどれほど重要であるかを明らかにしています。少ないことは多いことも少ないこともありますが、良い睡眠は通常、私たちが思っているよりも安らかなものです.

結論

  • ナルコレプシーは、脳の機能不全によるヒポクレチンというホルモンの産生低下によって引き起こされる神経障害です。
  • ナルコレプシーの一般的な症状は、日中の極度の眠気、突然の入眠、制御不能な筋肉の弛緩 (脱力発作) および睡眠障害です。
  • 「睡眠病」を治すことはできませんが、日常生活で影響を受ける人々による投薬と行動の調整の助けを借りて治療することができます。

こんにちは、また会いましょう!

.

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます