親のための睡眠のヒント

仕事、子供、家事、日常生活 - 家族生活は大変で、多くのエネルギーを必要とします。小さな子供たちが夜眠れなかったり、日中に両親にすべてを要求したりすると、眠れない夜と疲れが避けられないことがよくあります.ここでは、母親と父親が睡眠パターンを改善し、より目覚めた状態で 1 日を過ごすのに役立つ簡単なヒントを見つけることができます。

目次

      1. 睡眠 &家庭生活
      2. 親のための睡眠のヒント
      3. 午後と夜のヒント
      4. 今夜のヒント
      5. 朝のヒント
      6. 結論

        睡眠と家庭生活

        子供の世話をし、食事の準備をし、予定を立て、毎日の生活を整えるために、両親は夜、一番に起きて最後に寝ます。小さな子供たちが夜眠れない、または日中あなたにすべてを要求する場合、眠れない夜と疲れは避けられないことがよくあります.しかし、激動の日常生活に対処できるようにするためには、ぐっすりと安らかな睡眠が非常に重要です。なぜなら、ママとパパは自分自身だけでなく子供たちの世話をし、家庭生活において特に回復力と効率性を持たなければならないからです.

        子どもは最長 6 年間、夜間に両親の睡眠を妨げることができますが、特に若い親は睡眠不足や睡眠障害に苦しんでいます。これは、部分的には子供の睡眠の必要性によるものです。人生の最初の数年間、彼らは最も多くの睡眠を必要とし、加齢に伴う自然な昼夜のリズムに睡眠と覚醒の段階を適応させることだけを学びます.このため、母親と父親は自分の睡眠を繰り返し中断し、再生の重要な時間を差し控えなければなりません。

        睡眠段階の発達

        Grafik: Entwicklung von Schlafverhalten

        ドイツ経済研究所による長期研究の結果によると、母親の睡眠時間は、子供の生後 3 か月間で以前よりも平均 1 時間短くなりました。しかし、持続的な睡眠不足は私たちに多大な害を及ぼし、機嫌の悪さ、食欲不振、頭痛を引き起こすだけでなく、長期的には免疫システムを弱め、健康を害します.

        これについては、記事どのくらいの睡眠が必要ですか?.

        で詳しく知ることができます。

        保護者の皆様には喜んで我慢させていただきますが、保護者の方が残りの睡眠時間を最大限に活用し、より目覚めた状態で 1 日を過ごすための睡眠のヒントをご紹介します。

        親のための睡眠のヒント

        午後と夜の #1 のヒント

        Schlaf-Tipps für Eltern: Geschichten vorlesen

        昼寝をする

        最初に良いニュース: 失われた睡眠を取り戻すことができます!短い夜や忙しい朝の後、正午に短い仮眠をとると、睡眠不足を補い、残りの 1 日のためにエネルギーを蓄えることができます。例えば、お子さんもお昼寝の時間を少し休ませてあげてください。 こちらでパワーナップを効率的に構成する方法を見つけることができます.

        開発ルーチン

        定期的な睡眠リズムを作り、夜のルーティンを維持することで、家族全員がよりよく休息し、より簡単に眠ることができます。一緒に歯を磨いたり、声を出して読んだりするなどの決まった就寝時間と夜の儀式は、夜の気分を高め、忙しい一日の後にふさわしい睡眠を得るのに役立ちます。

        寝る前のリラックス

        興奮は夜に眠りにつくプロセスを妨げます。したがって、あなたとあなたの子供がゆっくりとリラックスできるように、就寝前のある時間に刺激的で激しい家族活動を減らすようにしてください.また、体内のメラトニン産生を促進し、眠気を促進するために照明を暗くすることもできます.

        #2 夜のヒント

        Schlaf-Tipps für Eltern: Mutter und Baby

        Keep Darkness

        明るい光は、睡眠ホルモンのメラトニンの放出を阻害します。メラトニンは、睡眠と覚醒のサイクルを調節し、私たちを疲れさせます。したがって、夜起きて子供の様子を確認するときは、強い照明や刺激的な活動を避けて、体が目覚めた状態に陥らず、その後眠りにつくのに苦労しないようにするのが最善です.

        気が散らないようにする

        追加のほとんど回避可能な外部刺激によっても、身体が覚醒状態に切り替わる可能性があります。特に、スマートフォンや時計を見ると、有名な思考の回転木馬が始まります。残りの睡眠時間を計算して、重要なタスクに集中し、自分にさらなるプレッシャーをかけないようにしてください。

        落ち着いて

        再び眠りにつくことがすぐにうまくいかない場合は、落ち着いてください。ストレスは神経系を活性化し、ストレスホルモンであるコルチゾールの産生を促進します。これはまた、眠りにつくプロセスを妨げ、眠気よりも目覚めを引き起こします.いくつかの呼吸法やリラクゼーション法は、落ち着いて再び疲れを取り戻すのに役立ちます。 こちらをご覧ください。

        朝の 3 つのヒント

        Schlaf-Tipps für Eltern: Schlafbedürfnis Vater und Baby

        すぐに起きて、居眠りしないで

        最初の目覚まし時計で起きてみてください。朝、私たちの体は、メラトニンの生成を減らし、コルチゾールの放出を増やすことで、自然に私たちを目覚めさせます.通常、スヌーズ機能を使用すると、体が再び深い眠りに落ち、目覚まし時計が鳴るたびに睡眠が不自然に中断されます。これは日常のフォームに悪影響を及ぼし、疲れて動きが鈍くなるだけでなく、集中力やパフォーマンスを低下させます。最初は難しくても、スヌーズボタンを押さずにすぐ起きたほうがいいです。日光、新鮮な空気、軽い動きの刺激も目を覚まし、1 日を元気にスタートさせてくれます。

        睡眠の必要性を観察する

        子供は、成長と発達のために大人よりもはるかに多くの睡眠を必要とします。私たちが早起きか夜型かは、実際には育て方の問題ではなく、生来の問題です。専門家は、生後 8 か月から 3 歳の間に、子供がどのタイプの睡眠に属しているかが明らかになると考えています。したがって、あなた自身の睡眠の必要性だけでなく、子供の個々の睡眠の必要性にも注意を払うことを忘れないでください。たとえば、絶対に必要でない場合は、子供を起こさないようにしてください。そうすれば、双方がそれぞれのニーズに応じて最適な睡眠をとり、一日を元気に過ごすことができます。

        一日を健康にスタート

        特に要求の厳しい夜と再生の欠如の後、体は適切に機能するために多くの栄養素とエネルギーを必要とします.バランスの取れた朝食は、両親と子供が 1 日の良いスタートを切るための適切な基礎であり、理想的には豊富な健康ビタミンで構成され、タンパク質源と健康な脂肪と炭水化物を強化します。このようにして、すべての重要な栄養素が供給され、その日の最初の食事の後に飛行を開始できます. ただし、十分な水分を摂取し、毎日少なくとも 1.5​​ ~ 2 リットルの水を飲むことを忘れないでください.

        家族生活の中で、お母さんとお父さんが毎日成し遂げていることは過小評価されがちです。生まれて最初の数年間の睡眠不足は、子供たちを神経質にさせるだけでなく、体や自分自身の健康にも問題を引き起こします. 親もまた、自分自身の睡眠の必要性とのために時間をとることはなおさら重要です.重要な(毎晩の)再生。結局のところ、毎日の家族生活は、お母さんとお父さんが朝起きて休息し、新しい一日を元気いっぱいにスタートさせて初めて成功します。

        結論

        • 特に若い親は、睡眠不足や睡眠障害の影響を受けることが多い.
        • 睡眠不足は幸福と健康に多くの悪影響を及ぼします。 B. 疲労感、だるさ、または集中力とパフォーマンスの欠如
        • 正午のパワーナップはエネルギーをもたらし、就寝時間や夜のルーティンを決め、就寝前の集中的なリラックスを促し、両親と子供が安らかな夜を過ごせるように準備します。
        • 明るい光、不必要な気晴らし、ストレスは、夜目が覚めた後に眠りにつくのを困難にするため、避けるべきです.
        • さまざまな睡眠ニーズを観察してください。朝はうたた寝せず、すぐに起きて、バランスの取れた朝食で健康に 1 日を始めるのが一番です

        こんにちは、また会いましょう!

        .

        コメントを残す

        すべてのコメントは公開前に確認されます